笠原シェフが語る香り箱

香り箱の美味しさを作り出している素材へのこだわりや、香り箱の地域それぞれのラインアップも紹介しています。
「口の中でほぐれる食感。香り高いジューシーな味わい。えっ!これがカニカマ!?」
笠原シェフが語る香り箱動画

カニカマの進化

 当社は、戦後の食の三大発明といわれるかに風味かまぼこ(カニカマ)を1972年に、世界で初めて開発しました。
発売当初のカニカマはきざんだタイプで、問屋からは「こんなきざんだ蒲鉾なんか売れるわけがない」と言われました。ところが築地のある問屋が「これはおもしろいかも」と商品を扱ってみると、人気が爆発。積荷が築地に到着すると、仲買人が荷降ろしを手伝って、あっという間に購入されていくという大ヒット商品になりました。その後、フィルムに巻かれたスティックタイプが主流になり、サラダ用、手巻きずし用などの用途別の商品が登場します。
従来のカニカマは細い繊維状の蒲鉾を垂直方向に束ねて裁断するものでした。当社はカニカマの元祖として「もっと蟹脚に近い商品を出したい」と一念奮起。1990年に繊維が葉脈状に左右に分かれている“ロイヤルカリブ”を発売しました。“ロイヤルカリブ”は今でも石川県で圧倒的に支持されている県民食となっています。

カニカマの進化

香り箱の開発〜天皇杯受賞の栄誉〜

 当社の開発魂はとどまることをしません。2004年には「現在、最も蟹脚に似ている」と言われる“香り箱”が完成しました。“香り箱”は、先人たちが築き上げてきた技をベースに、当社の技術者が最高級の蟹の成分を特定し、その風味と食感を引き出すために原料選びから、蟹の繊維の太さ、強度を科学的に分析、試作品の官能検査を繰り返して、ついに茹で上げたばかりのズワイガニのむき身を再現することに成功しました。“香り箱”はまさにスギヨの努力と技術力の結晶なのです。 2006年には「香り箱」など商品開発の技術力、練り製品業界の活性化に寄与したことが評価され、第45回農林水産祭にて、当社は最高賞の「天皇杯」を受賞しました。“香り箱”はその品質の高さから、数多くのテレビ番組(『ほこ×たて』『シルシルミシル』『世界まる見え!テレビ特捜部』『ヒミツの県民SHOW』『タモリ倶楽部』など)に取り上げられております。 

※「香り箱」は、関西エリア:「かにちゃいまっせ」、上信越エリア:「かにちゃいまんねん」、九州エリア:「カニカマ倶楽部」イトーヨーカドーでは「海彩のしずく」、ユニーでは「能登の極」という名前で販売しています

香り箱
かにちゃいまっせ 香り箱