6月を除く毎月22日はカニカマの日

数字の「22」を漢数字にすると「二二」。
この形がかにのハサミの形状に似ていることから、
6月を除く毎月22日を「カニカマの日」としました。

少し違和感を感じませんか? なぜ「6月を除く」のか、と。
実は6月22日は「かにの日」。元祖カニカマメーカーである当社は、本物のかに味の再現を目指しつつも、本物のかににしかない味があることも知っています。6月を除いたのは、本物のかにへの敬意が込められているのです。

好評につき第3弾!!真夏のカニカマスマイルフォトコンテスト

応募期間:2018年7月2日(月)~9月2日(日)

食べて笑顔になった写真、おもしろアイデアで笑顔になれる写真などなど、
カニカマで笑顔になれるなら何でもOK。
スギヨのカニカマを買って、作って、食べて、
とびっきりのスマイルフォトを投稿しよう!

※イラストはイメージです

「カニカマの日」に込めたスギヨの想い

カニカマの可能性は無限大

いまや食卓に見ない日はないといわれるほど普及したカニカマ。ただ、調理法を見てみると、サラダに混ぜたり、そのまま食べたりと、なんとなく「かにの代用品」というイメージが強いようです。
しかし、カニカマはどんな料理にも合う万能食材といっても過言ではありません。元祖カニカマメーカーとして、カニカマが持つ無限大の可能性を多くの人に知っていただきたい。「カニカマの日」を制定した背景には、そんなスギヨの決意が込められています。

カニカマの可能性を引き出す絶品レシピをチェック!!

衝撃の事実!?

カニカマは、失敗作から生まれた!

世界初のかに風味かまぼこ(カニカマ)である「かにあし」を発売したのが、昭和47年(1972年)。 以来、カニカマはインスタントラーメンやレトルトカレーと並ぶ、戦後の食品三大発明に数えられるほど、爆発的なヒット食品となりました。

しかし、カニカマの誕生には、"ある失敗"が関わっています。それは人工クラゲの開発。当時、クラゲの輸入がストップしたことを受けて人工クラゲの開発に着手したものの、食感が再現できずあえなく失敗。そんな中、3代目社長の杉野芳人が刻んで食べてみたところ、かにの食感に似ていることに気づき、人工カニ肉へ開発の舵を大きく切ったのです。

あの日の失敗がなければ、「カニカマの日」もなかったわけで、なんとも感慨深いものです。

スギヨのカニカマラインナップ

香り箱

スギヨが誇る最高級カニカマ
第45回農林水産祭「天皇杯」を受賞し、
多数のメディアで紹介

香り箱ブランドサイトはこちら

大人のカニカマ

第69回蒲鉾品評会「農林水産大臣賞」を受賞
2017年春のリニューアルでさらにおいしさUP

大人のカニカマブランドサイトはこちら

NEWS

  • 「真夏のカニカマスマイルフォトコンテスト」開始
  • 「春のベスト・オブ・カニカマスマイル賞」決定
  • 「春のカニカマスマイルフォトコンテスト」開始
  • 「カニカマの日」特設サイトオープン