SNS一覧
  1. トップ
  2. アイデアレシピ特集
  3. ワインと合うカニカマ料理 カニカマリアージュ

ワインと合うカニカマ料理 カニカマリアージュ

ワインと合うカニカマ料理
「#カニカマリアージュ」
レシピ5選

カニカマとワインのマリアージュ。
Twitterで募集した「#カニカマリアージュ」の当選レシピを紹介します!

special guest
辻 健一さん
  • 日本ソムリエ協会 理事
  • ワインバー シャトーシノン 店主(石川県金沢市)

今回ご紹介するレシピに合うワインを選んでいただきました!ワインと一緒に料理を楽しんでみてください。

Recipe 1

香り箱のホットサンド

サクサクした外側とジューシーな中身のコントラストが楽しめる料理。加熱するとカニカマがふんわりして最高に美味しくなります。

合わせるワイン

ほのかに甘さを感じるロゼワインがおすすめ

今回は「スパークリングロゼ/能登ワイン」

産地:
日本 石川県穴水町
ブドウ品種:
マスカット・ベイリーA、ヤマ・ソーヴィニヨン、カベルネ・ソーヴィニヨン

ロゼワインのベリーのような甘い香りとカニの風味、ポテトサラダのクリーミーさを新芽の青い香りと気泡がサッパリと整えてくれます。

材料と分量(2人前)

香り箱
3本
ポテトサラダ
適量【A】
食パン
2枚

<【A】ポテトサラダ>

じゃがいも(男爵など)
4個
きゅうり
1本
ハム
4枚
りんご
1/2個
コンソメ(顆粒)
大さじ1
マヨネーズ
適量
こしょう
適量

調理手順

  1. 【A】の材料でポテトサラダを作る。※時間がなければお惣菜でOK!
  2. ホットサンドメーカーに6枚切の食パンを1枚のせる。
  3. お好みの量のポテトサラダをのせる。
  4. その上から香り箱を3本のせて、さらに食パンをのせる。
  5. ホットサンドメーカーでサンドしキツネ色の焼き目が付くまで焼く。
  6. お好みの形にカットして出来上がり!
  7. 【One Point:ソムリエアレンジ】パンの中に大葉を加えるアレンジもワインに合います。

Recipe 2

ひゃくまん穀のカニカマクリーム
ライスコロッケ風

子どもに食べて欲しくて野菜を多めに使ったアイデア料理。ご飯は石川県オリジナル品種「ひゃくまん穀」を使用しました。

合わせるワイン

太陽の恵みが感じられる濃いめで渋みの少ないイタリアの赤ワインがおすすめ

今回は「カントドーロ/フェウド・アランチョ」

産地:
イタリア シチリア
ブドウ品種:
ネロ・ダーヴォラ80%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%

このお料理はイタリアシチリアの名物料理「アランチーニ」を連想させるので、シチリアのワインで合わせました。揚げた香ばしさとチーズの旨味にカニカマの風味が加わり、絶妙なバランスが生まれます。タンニンが少なく、やや濃いめのこのワインとの相性は抜群です。

材料と分量(2人前)

香り箱
1パック
玉ねぎ
1/2
にんじん
1/2
小麦粉
小さじ1
牛乳
200ml
塩・胡椒・ナツメグ
適量
1合

調理手順

  1. 刻んだタマネギとニンジンを油で炒める。
  2. 弱火にして、小麦粉(米粉)を入れ、混ぜる。
  3. 牛乳を少しずつ入れて伸ばす。
  4. ほぐした「カニカマ」を入れて混ぜる。
  5. 塩、コショウ、ナツメグで味を調える。
  6. 炊いたひゃくまん穀を入れる。量はお好みで。冷ご飯OK。
  7. 一口大にラップで包み、冷蔵庫で冷やす。
  8. パン粉に少量の油を混ぜる。
  9. 【7】に【8】を付けて、オーブントースターで焼く。※油で揚げる場合は、【7】を溶き卵に浸してから、パン粉のみを付けてください。
  10. 【One Point:ソムリエアレンジ】中にチーズを入れるとより合います。
    また、トマトソースを加えるとミディアムクラスのイタリア赤ワインにより合わせやすくなります。

Recipe 3

カニカマとグレープフルーツの
マリアージュ

2種類のグレープフルーツを使ったレシピ。彩や酸味を楽しめる、サラダ仕立ての爽やかな一品です。

合わせるワイン

柑橘類の香り、爽やかな酸味が感じられる辛口白ワイン がおすすめ

今回は 「ライトリー・スパークリング ソーヴィニヨン・ブラン/ヴィラ・マリア」

産地:
ニュージーランド
ブドウ品種:
ソーヴィニヨン・ブラン

グレープフルーツの酸味と苦味とワインが同調し、カニカマの旨味がワインの果実感とマッチング。ほのかな気泡が爽やかさを演出します。

材料と分量(2人前)

匠のカニカマ
1/2パック
グレープフルーツ
1/4個
ルビーグレープフルーツ
1/4個
レモン汁
適量
カンタン酢
適量

調理手順

  1. レモン汁とカンタン酢をボールに入れ、その中に匠のカニカマを入れて混ぜる。
  2. グレープフルーツの皮と薄皮を剥いて一口大に切る。(グレープフルーツの皮を剥いている間カニカマは冷蔵庫へ)
  3. 皮を剥いたグレープフルーツをカニカマの入ったボールに入れて軽く混ぜる。
  4. お皿に盛り付けて出来上がり。
  5. 【One Point:ソムリエアレンジ】ミントやバジルを加えるとより爽快感が増し、ワインとよく合います。

Recipe 4

タイ風 カニカマトースト

タイで定番の揚げトーストをカニカマでアレンジ。サクッと香ばしく、エスニックな味付けで一度食べたらやみつきに。

合わせるワイン

スパイシーでアロマティックな中口白ワインがおすすめ

今回は「ゲヴュルトラミネール/トリンバック」

産地:
フランス アルザス
ブドウ品種:
ゲヴュルツ トラミネール

エスニックスパイスとゲヴュルツトラミネールが持つ香りとのマッチング。油分をワインの苦味が軽快にし、カニカマの旨味とワインのほのかな甘みが同調します。

材料と分量(2人前)

香り箱
150g
食パン8枚切りの耳をカットしたもの
2枚
片栗粉
大さじ2
ナンプラー
小さじ1/3
砂糖
小さじ1/2
卵 白身と黄身に分ける
1個
ニンニク
1片
揚げ油
適量
飾り用の葉
適量

調理手順

  1. 食パンは耳を除き四個に切り分ける。
  2. カニカマと刻んだニンニク、片栗粉、白身を混ぜ合わせて食パンに1/8等分したものを山型に盛る。卵の黄身をパンの高さに当たる部分にぐるりとハケで塗る。
  3. 170~180度の油でカニカマ面から先に入れて、きつね色に揚げる。
  4. 揚げたトーストに葉を飾る。
  5. 【One Point:ソムリエアレンジ】パクチーを添えるとタイ風さが強調。蜂蜜をかけるとワインとより合います。

Recipe 5

カニカマ・ド・オーベルジーヌ

ソムリエ辻さん考案!ワインに合うおすすめのカニカマレシピ。ローストしたナスをペースト状にした料理で、カニカマの旨味がぎゅっと詰まった一品です。パンやクラッカーに乗せてお召し上がりください。

合わせるワイン

やや熟成したシャンパーニュがおすすめ

今回は 「ブリュット・スーヴェラン/アンリオ」

産地:
フランス シャンパーニュ
ブドウ品種:
シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%

茄子の滑らかな口当たりがシャンパーニュのテクスチャーとマッチし、蟹の風味をより引き立てます。旨味とコクが同調し、気泡が口中をさっぱりとさせ、もう一口欲しくなります。

材料と分量(2人前)

香り箱(細かく身をほぐす)
1パック
なす(中ぶり)
6本
にんにく(みじん切り)
1片
玉ねぎ(みじん切り)
半分
アンチョビ
少々
オリーヴオイル
少々
少々
胡椒
少々

調理手順

  1. 茄子を縦に半分切り、バットに並べて、オリーヴオイルと塩を軽くかけ、オーブン180℃で10分火を入れる。
  2. 柔らかくなった茄子をスプーンで皮から外し、包丁で細かくたたく。
  3. フライパンにオリーヴオイルと細かく刻んだニンニクを入れ火にかけ、香りが出たら玉ねぎを加え炒める。
  4. 玉ねぎがキツネ色になったら、茄子を加え、さらに炒め、その後カニカマを加え、弱火で火を入れる。
  5. 軽く塩、胡椒をし、冷ませば出来上がり。
  6. 【One Point:ソムリエアレンジ】ピンクペッパーを添えるとロゼシャンパーニュとも楽しめます。